FC2ブログ
Hello☆Little Monster
オーストラリア生活 国際結婚 海外育児 日々の生活をつづります。息子くんの成長記録も兼ねて♪
時が経つと・・・・
今日の日記は私のつぶやきのようなものです。
この前、ふっと思ったこと。


英語を必要と感じて勉強しなくなってからもうずいぶん経ちます。
最近お仕事でやっぱり英語を使うことがあって、自分が一番ピークにがんばってた時に比べると出来なくなったな~って思うことが多々あります。

喋るのも、書くのも、読むのも全部。

私が一番乗りに乗っていたのはバンクーバー留学時代。

専門学校在学中は、とにかくついていくのに必死で、予習は欠かさず、日曜日は勉強の日、と決めたりしてがんばってたな~と。図書館も庭のように使ってたし。

その頃は、ちょうどEMAILというものが普及しだした頃で、パソコンを持っていなかった私は毎日のように図書館へ行って、30分という時間制限のあるパソコンで日本のお友達と連絡取っていました。
30分という限られた時間の中で、日本語の打てないパソコンでこなす技はやっぱり英語。

よく思い出せば、あの頃はスラスラと文章書けてたな~、って。

今じゃぁ、まったくダメです。衰えました。

使わないと忘れちゃうものですね。

30分という限られた時間の中で、必死にメールしている私の横で、変なおっさんが話しかけてきて、うっとおしいと思ったこと、今思えば、そのおっさん、今の私に一つ身になったことを教えてくれました。

それは、パソコンのキーボード上のTabキーを押すと、すぐ次のカ所にカーソルを移動できるということ。

当時私はその機能知りませんでした。
一生懸命メールしてる私の横から、そのおっさん、そんなことを教えてくれました。
その時私ははっきり言って、「貴重な30分を邪魔するなー」って思ってましたが、気がついたらその機能、しっかり頂いてました。


そんなこともあった、バンクーバー図書館時代。
一生懸命勉強してたバンクーバー時代。

時々ふっと、懐かしくなります。

時はだいぶ経ちました。
英語を忘れていくのと同時に、バンクーバーの町並み、ストリートネーム、お店の名前等、もあやふやになっていくのがちょっと悲しいです。
それだけあの時代が一番充実してた証拠。

英語は今からでもまたやり直せるから、がんばらなきゃ。

バンクーバーは・・・・、色あせないうちにいつかまた訪れたいです。


そんなことを思ったので、デュンデュンにカナディアンになってもらいました。

CIMG2895.jpg

当時ホームステイしていたおうちのホストマザーがデュンデュンにプレゼントしてくれたものです。

もう10年近くも前のことなのに、今でもこうやって連絡を取り合っていられることを本当に幸せに思います。

2010年の冬季バンクーバーオリンピック、行けたら幸せ。
スポンサーサイト







Copyright © Hello☆Little Monster. all rights reserved.