Hello☆Little Monster
オーストラリア生活 国際結婚 海外育児 日々の生活をつづります。息子くんの成長記録も兼ねて♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


行く年 2006年
今日、大晦日なんですね~。
なんだかオーストラリアにいると、師走で慌ただしい日本を全く感じさせません。

2006年も今日で終わりです。
デュンデュン一家の2006年の1番ニュースはやっぱり豪州への移住でした。
まだお座りも出来なかったデュンデュンが、今では走り回り、少しだけとおしゃべりまでするようになりました。
オーストラリアのでっかい自然の中で、デュンデュンはすくすくと大きくなっています。たった1年でいっぱい成長しました。
そして健康でこの1年終えることが出来ました。これがやっぱり1番ね。

さて来年、2007年も健康に、でっかい成長を遂げたいと思います。
皆さん、来年もデュンデュン家をどうぞよろしくお願いします。

CIMG1892.jpg
それでは皆様、素敵な新年をお迎え下さい。

(コメント欄は閉じさせてもらってます)
スポンサーサイト


1歳4ヶ月
昨日で1歳4ヶ月になりました。

ここのところ、少しずつだけど理解力が増してきたかな~って思います。

最近のデュンデュンはこんな感じ。

開けてはいけないところを開け、「ダメ!NO!]と叱られると、上目遣いで私を見つつ、「ないない・・・・」と言って戸を閉めたりします。
(それでも何度も繰り返すんですけどね・・・・、やっぱわかってないのか・・・)

「もしもし~」って言うと、すかさず自分の手を耳に当てます。

「いいこ、いいこ」って言うと、自分の頭をなでなでします。これが「もしもし」と場所が微妙にずれているため、連続でやらせるとおもしろい。
忙しく、耳に手を当てたり、頭をなでたり、機械のように反応してやってくれるのでおもしろいです。
会話(っていっても一方的に私が喋ってるだけ)の途中で「いいこ」とかそれに似た発音が聞き取れると、これまたすかさず自分の頭をなでます。
(本当はお友達にやってほしいんだけどな・・・・)

語りかけると必ず、なんでもかんでも「NO!]という返事が返ってきます。
 例えば、
 「今日朝お散歩行ったんだよね~」
 「NO!」
 「デュンデュン眠たくないの?」
 「NO!」
 「マミーのこと好きだよね~」
 「NO!」ムッ!!
 「おやつ食べる~?」
 「NO!」(本当は食べたいくせに)


と、こんな感じで、語りかけられたら「NO!」と答えればいいやと思っているのか、条件反射なのか、それしか知らないからただ連発してるだけなのか、ちびっ子の心の中は読めません。「NO!」のオンパレード、「NO!」の嵐を浴びてる私です。

でも最近、「うん!」と言うのを教え込んでいる私。
「~だよね!」っという感じで語りかけると「うん!」というようになってきました。嫌でもなんでも「うん!」です。「NO!」より気分がいいわ。

そして「わんわん病」
人間以外の動く動物を見ると、なんでもかんでも「わんわん!」
一番ひどいのが鳥。鳥が沢山いるからすぐ目につくんだけど、鳥の鳴き声を聞いても、横切って飛んでいく姿を見ても、「わんわん!」
やめてほしいのが、あのマグパイ(人間を襲う鳥)の後を「わんわん!わんわん!」といいながら追いかけること。そのうちやられるで~。
そうそう、ある日テレビにテントウムシが映っていました。それを見ても「わんわん!」(それもですか・・・
ぬいぐるみも全てわんわん。(別にいいですけど・・・) 

と、こんな感じの1歳4ヶ月です。


今日は朝から泳ぎに行ってきました。最近お天気悪かったから、デュンデュンにとって久しぶりのアウトドアスイミング!
途中水の中でこけて、3秒くらい沈んでるというハプニングもあり!でも楽しく泳げたので良かった良かった。



オレ流
ある日ヨーグルトを食していた時のこと。

一人で上手にスプーンを使って、すくっては食べ、すくっては食べ、
ってしていたと思ったら、







こんなん なってました・・・・

CIMG2094.jpg
デュンデュン流のヨーグルトの食しかた





この後はもちろん想像の通り・・・・、


CIMG2095.jpg
あぁ、うめ~

最近なんでもかんでも、こういう風に食べたがるデュンデュンでした


☆クリスマスパーティー☆
CIMG2078.jpg日本人プレイグループのクリスマスパーティー
サンタさんもやって来たよ
このサンタさん、あるママさんの旦那様なんです
サンタになっての参加どうもありがとうございました。
たくさんのママと子供が集まって、ランチを持ち寄りみんなで食べました。
やっぱりみんなでワイワイ食べるとおいしいね


サンタさんの登場はランチの後。
それぞれのママが自分の子供用に用意したプレゼントをサンタさんが一人ずつ配ってくれました。
なんと、サンタさんのズボンがずり落ちるというハプニングに大ウケ
ビーサンで登場したのにも座布団1枚
さすが真夏のクリスマス、真夏のサンタクロースですね


さて、ここからはサンタさんとデュンデュンの絡みをどうぞ


CIMG2071.jpg
サンタさんがプレゼント持ってきてくれたよ~
でもそれ、まだデュンデュンのじゃないですから~。




CIMG2072.jpg
まだだよ、まだだよ、それもまだデュンデュンのじゃないよ。
サンタさん、ちゃんと名前呼んでるでしょ。
(みんなお利口に待っているというのに、この子はもおぉ~~・・・)





CIMG2073.jpg
「デュンデュ~ン!」 ほら、やっとデュンデュンの番がきたよ
でもデュンデュン、両手におもちゃ持ってたらプレゼント受け取れませんけど・・・。
やっともらえて超ハッピー
と、思いきや・・・・、



CIMG2075.jpg
サンタさんに自分のプレゼント「どぉど!」(どうぞ)してるし・・・・
いらないの~?




CIMG2076.jpg
しまいにはずっと持ってたおもちゃまで「どぉど!」
サンタさん困ってますけど・・・・
でもちゃっかりプレゼントはまた取り戻してますね。





CIMG2077.jpg
そして最後に風船ももらってまたまたハッピー

楽しいクリスマスパーティーでした


そういえば、サンタさんってサングラスしてたっけ?


どぉど攻撃
どぉど!どぉど!

もう最近何でもかんでも どぉど
何かというと、デュンデュンが最近よく使うようになった言葉、「どうぞ」

ちゃんと「どぉど!」と言いながら物を渡してくれるからおもしろい。


おもちゃを持ってきて どぉど!

ご飯を口からわざわざ出して どぉど! いりませんから・・・。

お菓子の袋を開けて欲しいとき、そのお菓子を持ってきて どぉど!
 「開けて」でしょうが・・・。

自分のボトルにお茶を入れて欲しいとき、そのボトルを持ってきて どぉど!
 これも「入れて」でしょう・・・。


どうやら、他人に差し出す物はなんでもどうぞのようです。
結果的にくれる物でも、自分で出来ないから人に頼むものもどうぞ。

おもちゃをくれる時なんか、最初はおもしろくて「ありがとう!」なんて言ってノリノリで相手をしてるんだけど、これがしつこい!
エンドレスでどぉど!どぉど!とやってくるので、しまいには「え~い!うっとぉしぃ!」てな感じになるわけです。

次は「開けて」「ちょうだい」を教えようかな。


CIMG1891.jpg
ミ ゴレン どぉど! って、そんな粉々のミ ゴレン いりませんから・・・・。


どうやら そのようです・・・
というのはデュンデュンのアレルギーのこと。

小さな頃からお肌トラブルは絶えなくて、私からの遺伝もあって「アトピー予備軍」との診断ももらってた。オーストラリアに移住してきて一時お肌の調子がよかったのが、ここ最近、痒い痒いが日常化してきて、カサカサお肌に加え、症状も私の小さい頃と同じ。痒くて掻く場所も同じ。

素人判断でも、これはどうやらアトピーっぽいです。

お医者さんから、親がアトピーだと、子供には50%の確率で出ますよ、とは言われてたから覚悟はしてたけどね。アトピーにならなければ、鼻炎とかのアレルギー持ちになるのだとか。

でもデュンデュン、今まで食べるものでアレルギー症状が出たことがなかったので、食物アレルギーはないんだ~って、安心、余裕~なんて思ってたら・・・・、

なんと、最近ある物を食べると瞬時にじんましんのようなブツブツが出ることが発覚!


そのある物とは・・・、





魚!



しかもたぶん、淡水魚だけ。
もしくはチープな魚・・・・。

1度目は家での夕食時、ある淡水魚(普通にスーパーで売ってるやつ)を煮込んだ物をあげたら、とたんに機嫌が悪くなり、喉周りにブツブツが!しばらく機嫌は悪く、痒くてたまらない様子でした。

この時に、「これは絶対この魚だな・・・」と思ったので、それ以来その魚は与えてなかったんだけど、この前、日本の家族が来てたとき、ランチにフードコートに行ってチャイニーズ食べました。
そこでお魚があったので、ついつい、過去のことを忘れてあげちゃったら、またまた速効ブツブツ出て、痒い痒い、機嫌最悪。

あ~、またやっちゃった・・・・。なんの魚かは不明だけど、お安いランチだったので、お安いお魚に間違いなし・・・・。


でも、おかしいのが、魚全般がダメなわけではなく、しらす、サーモン、バラマンディは全く問題ないのです。しらすは家でよく食べるし、サーモンもバラマンディも、外食したときにちょっとあげてみたけど、おいしそうにパクパク。ブツブツも出なかった。

なんなんでしょう?デュンデュンくん。
高い魚だけOKだなんて、やめて下さい・・・・。


そんな感じで、どうやらデュンデュン、お安い淡水魚アレルギーのようです。

これは一度、ドクター行ってアレルギーテストしてもらってもいいかなぁと思ってます。確認できればこっちも安心するし、これから気をつけられるし。


Back to normal
先週末からしばらく滞在していた日本の家族が帰国しました。
日本からのお土産いっぱいもらってとってもありがたかった

短い滞在だったので、どこに連れて行こうか迷ったけど、やっぱり観光の王道、カランビンの動物園へ行ったり、サーファーズのQ1ビルに登ったりしました。
あとは、やっぱりゴールドコースト、みんなでビーチへ行き一泳ぎ、その後はBBQってな、デュンデュン一家の日常も体験してもらいました。

この短期間に、普段食べられないおいしいものを外食でいっぱい食しましたシーフード食べて幸せ

デュンデュンも久しぶりに会う日本の家族、何を感じたのかな。
8ヶ月年上のいとこちゃん、大きくなって、ますます可愛くなっててバイバイするのが惜しかったなあ。
デュンデュンがいっぱいいじめてごめんねデュンデュンが今度日本に帰れるときまでには、優しくなっておきま~す。できるかな・・・

ほんの短期間だったけど、とっても楽しかった。今日からは全てがまたいつものように戻りました。ちょっと寂しい感じもするけど、デュンデュンと一緒にがんばりますよ。

では、ここからは写真をアップします。


CIMG2034.jpg
いとこのMちゃん。このお絵かきセット、デュンデュンに置いていってくれました。
ありがとね。お気に入りだったのにね。



CIMG2038.jpg
仲良く遊んでる様に見えますが、実はデュンデュンちょっかい出しまくり。
鬼母は常に見張ってました。でも何度も泣かせちゃってごめんね。



CIMG2061.jpg
Q1でのワンショット。
あの場所からなかなか動こうとしないデュンデュンを、Mちゃんが
「行くよ~、行くよ~。」と一生懸命誘ってくれてます。
ちょっとほほ笑ましい一コマでした。



CIMG2064.jpg
変顔デュンデュ~ン!
ショッピングモールにあった車の乗り物に仲良く乗車。


Mちゃん、また遊びに来てね


タンガルーマ旅行記③ 4WDツアー
タンガルーマ2日目です。

朝から4WDで出かけるツアーに参加しました。
所要時間4時間というロングドライブ。デュンデュン大丈夫か~ってちょっと心配したけど、いざ出発

ドライバーは70歳くらいいってんじゃないのっていうくらいのオージーのおっちゃん。お客は私たち家族と、他2カップル。一つは若いカップル。もう一組は年配のカップルでした。
どちらもデュンデュンをかわいがってくれて、ほんとほっとした

CIMG2011.jpg最初はビーチ沿いをぶ~んと走って爽快
そのあと山の中(というか、ブッシュですね)をガタンゴトンと4駆全体を揺らしながら道なき道を進みました。
ドライバーのおっちゃんはさすが慣れたもので、ひょひょいのひょいとそんな険しい道もいとも簡単に運転しちゃいます。そしてさすがガイド兼トライバー、ず~っとおしゃべりしてました。
いろいろ情報をくれたり、タンガルーマの話をしてくれたり。


CIMG2012.jpg
途中、ブッシュを出てビーチにたどり着きました。そこでパチリ
こんな4WDに6人プラスチビ1人乗っていったのよ~。
定員は10人。6人でよかった~。案外快適でしたよ。



CIMG2013.jpg
ブッシュの中にこんなスポットもあり、既に何組かの家族が遊んでました。
こんなへんぴなところにも人は来るのね~とちょっと感心。



CIMG2021.jpg
途中、灯台に立ち寄りました。ここからの景色が絶景!!


CIMG2019.jpg
それがこちら。モートン島のビーチと、右側は国立公園(と言ってもただのブッシュですが)
私はここを見て、バイロンベイを思い出したんだけど、似てません?
たぶん、バイロンベイにも灯台があって、そこから海を見下ろすことが出来るから似て見えるだけかも。


ブッシュをガタガタしばらく走ってお昼ちょっと前、モーニングティーをいただきました。
と言っても、カフェなんかあるはずありません。
ビーチ沿いにおっちゃんは車を止め、キャンプ用のテーブルを用意しだし、丁寧にテーブルクロスをかけ、コーヒー、紅茶を用意して、ケーキまで出してくれました
ちょっとしたピクニック。ケーキにはジャムとクリームをたっぷり乗っけて頂きました。

と、そこでオーストラリアの代表的な鳥、Kookaburra・クッカバラ(ワライカワセミ)が近くまでやって来ました!!こんな近くで見られるのは珍しいとのこと。
CIMG2024.jpg
「ほら、デュンデュン、クッカバラ来たよ!、あそこあそこ!」
なかなか視点の定まらないデュンデュン。
やっと見た!と思ったら・・・、

「わんわん・・・

「わんわんじゃないよ~鳥さんだよ~

最近動く動物はなんでも「わんわん」なデュンデュンでした。


4時間のはずのこの4WDツアー、終わってみたら5時間経ってました。
おっちゃん大サービス。途中色んなとこに寄ったとはいえ、5時間もドライブしてたとは思えないくらい楽しくて、充実したツアーでした。
デュンデュンも、こんなデコボコ道を走っているのに、5時間中2度に分けて合計2時間弱寝てたし

CIMG2009.jpg
この揺れの中でよく寝れるな~ってみんなに感心されました。
おっちゃんの運転は快適でしたか


ツアー終了後は、ランチしたりして、夕方までのフェリーの時間をゆっくり過ごしました。こんな感じでタンガルーマ旅行を楽しんだデュンデュン一家。次にくる機会があったら、デュンパパは自分の4WDで来たいんだってさ。もちろんキャンプしにね
4WDツアー中にキャンプしてる人を沢山見かけて、いつかは自分もキャンプしに来たくなったみたい。キャンプサイトが沢山ありました。


CIMG2007.jpg
また何年か後、タンガルーマ訪れたいね。
デュンデュンがもう少し大きくなってから



明日から4日ほどですが、日本の家族が遊びに来ます。
デュンデュンのいとこも来るよ~!仲良く遊べるかな。


タンガルーマ旅行記② 野生イルカの餌付け
昨日の日記に引き続き、タンガルーマ滞在中のことです。

フィッシングを終えた後、私たちはビーチでスイミングをすることにしました。

そのビーチに立って初めて気づいたことですが、ゴールドコーストのビーチとひと味違ってました
まずは色。砂の色がタンガルーマの砂は茶褐色。肌色のような、黄色のような。ゴールドコーストの砂はそれに比べて白いです。
そして波際に立ってみてびっくり感触が全然違う!
タンガルーマのビーチはふんわりしてて、なんだかスポンジの上にでも立っている感じ。
ゴールドコーストのビーチを歩いたことある人なら、このタンガルーマのビーチに立つと、違いがすぐに分かります。それくらいふんわり、やわらか。

こんなに気持ちのいいビーチなのに、デュンデュンはお疲れモードなのか、いつものように泳ぎたがらなかったので、早々に切り上げて、夜のドルフィンフィーディング(野生イルカの餌付け)までお部屋でくつろぐことにしました

そしてついにやってきました、メインイベントとも言っていいイルカの餌付け

桟橋の方へ歩いていくと、既に人だかりが出来ていて、キューッ!と言った感じのイルカの鳴き声が聞こえるではありませんか!

「えーー!!既にイルカ来てるの!?」って大あわてでそこまでたどり着いたら、なんとその鳴き声、わざわざスピーカーから出した、イルカくん達を呼び寄せるための偽鳴き声でした

でも実際、もう何頭か集まってきてましたが

まずはエサやり時の注意点やら、どうやってやるかなど、スタッフの方のお話を聞いた後、いよいよ本番!列に並んでドキドキしながら待ちました。

エサの魚を手にする前にはきちんと手と足を洗って。
これは手や足に日焼け止めなんかを塗ってる人は必ず洗って下さいとのことでした。やっぱり野生のイルカ。化学薬品とかとの接触はだそうです。

えさの魚は小さな平ぺったい魚←まさにこんなん。
それをアイスクリームを持つみたいに握って、膝くらいまでの深さまで歩いていき、ひょいっと手を水の中に入れて待っていると、イルカがスーッときてパクッと魚をくわえていきました。

おお~あの長いくちばし?でとっても優しく、人の手を噛むこともなくお魚ゲットしていきましたよ
2回も餌付けしちゃいました。一瞬のことだけど、とっても楽しい。
デュンデュンも抱っこされて近くで見てましたが、目はしっかりと真下にいるイルカ君に釘付け。「ほぉぉぉ~」ってな感じでのぞき込んでおりました。
まさか、わんわんと思ってたんじゃぁなかろうね・・・
最近動く動物は全部わんわんって言うから。

なんにしても、これはなんだかちょっと感動しました
野生のイルカをこんなに間近で見たのも初めてだったのに、それにお魚まであげちゃったよ。
自分で写真は撮れなかったので、プロが撮ってくれたものを一枚購入してきました。デュンデュンもしっかりイルカ見てるワンショット

いつも同じ顔ぶれのイルカくん達が訪れるそうで、私たちが餌付けしたのはTinkerbellちゃんでした



モートン島 タンガルーマ旅行記①
金曜日から1泊でモートン島にある、タンガルーマというリゾートへ行ってきました

タンガルーマと言えば、野生のイルカの餌付け
もちろんそれも目的に入ってます。

CIMG1994.jpgブリスベンからフェリーに乗って1時間15分のところにタンガルーマは位置します
10時出港のフェリーに乗るため早起きをした我が家。
デュンデュン、フェリーの中ではおとなしくしてるか寝てくれるかな~って期待したけど、そんなことをあのチビ介に望んだのがバカだった
フェリーの中でもパワー全開、あっちへチョロチョロ、こっちへチョロチョロ、全く落ち着きなし。デュンパパと交代で追いかけ回し、たまには甲板に連れ出したり。あ~、1時間だけの船旅でよかったぁ・・・。それでも長い長い1時間でした。


CIMG2000.jpgタンガルーマ到着!!
フェリーから下りると、たくさんのペリカンたちがエサをくれ、エサをくれと出迎えておりました。フェリーの中で既に一戦い終えた私たち、結構疲れモードだったので早くお部屋へ行きたく、そんなペリカンたちにかまっている余裕なし。
フェリーから下りたところにはたくさんのスタッフが出迎えていて、その中には日本人のスタッフもチラホラ。日本人観光客の多さがうかがえました。でもこの日は中国人多かったよ~。

日本語でどうぞって書かれたプレートを胸につけてるオージースタッフもたくさんいて、ツアーデスクには日本人スタッフが常にいました。カフェには寿司も売ってたりして、そんなに日本人多いんか~って感心するほどでした。でもあまりの中国人の多さに、チャイニーズスタッフもいた方がいいんじゃないのって思ったけどね。

で、到着してすぐ案内をしてくれた方、オージーのおっちゃん、木村拓哉と書かれたネームプレートつけてました
思わず、「違うだろ!」って突っ込みたくなるような陽気なおっちゃん。完璧ウケねらいですねそのおっちゃん、木村拓哉のプレートの上にはしっかりと自分のネームプレート。Terryさんでした。


お部屋についてちょっと一休み~なんて思ってたのもつかの間。
デュンデュン着いたとたんに
でもフェリーの中じゃなくてよかったよ~、フゥ・・・。


CIMG1999.jpgやれやれ・・・と思っていたら次はイタズラ開始。電話見つけちゃったよ!受話器を取って、耳に当ててる!!
こんなことすると思ってなかったからデュンパパも私もびっくり
我が家の電話はデュンデュンの手の届かないところにあるし、うちって電話する頻度って少ない方。だからまさか受話器は耳に当てるものなんて知ってるはずがないと思っていた。教えてもないのになんで知ってんのーー!!!
でもその様子がおかしくて、思わすカメラでパチリ



CIMG1998.jpg
ボタン押しも余裕。ピッポッパ


CIMG1997.jpg
誰とお話ししてるの~?




お部屋でちょっとくつろいだ後、ランチをしにカフェへ行きました。
デュンデュンはデュンパパの背中におんぶ。ランチ後リゾート内を散策している間にデュンパパの背中で寝てしましました。

リゾート内は色々なものがレンタルでき、たくさんのアクティビティが出来るようになってました。たくさんありますが、一例を挙げると、ダイビング、シュノーケリング、カヤック、フィッシング、ボート、バナナボート、パラセーリング、バギーライド、バスケットボール etc
これ以外にもまだまだたくさん遊べるものがあって、金と時間があれば全く暇しないと思います。
ツアーもたくさん企画されていて、4WDで行くサファリツアーや、国立公園の中を行くツアー。砂丘で砂滑りするやつとか、ジュゴンウォッチング。
いっぱい参加してみたいのがあったんだけど、デュンデュン連れで出来るものってやっぱり限られてます。私たちが選んだのは4WDのツアー。翌日の朝出発です。

今日はみんなでフィッシングをすることしました
寝てるデュンデュンを背負ったまま、釣り道具一式を借り、フェリーの発着する桟橋へ行くことにしました。


CIMG2004.jpgGCを出た時は今にも泣き出しそうな空だったのに、タンガルーマに着いた時には快晴カンカン照り。こんなに暑いのに外でよく寝るな~と思っていたら起きました。
デュンパパがフィッシングの用意をしている間にデュンデュンはランチです。桟橋の上にちょこんと座ってランチしました。


CIMG2002.jpgCIMG2003.jpg
結構長い時間フィッシングしてたのに、収穫はこの一匹だけ
しかも小さいのですぐ海に帰しました。
私も久しぶりにフィッシング楽しみたかったんだけど、桟橋の上ではデュンデュン野放しに出来ず、常に見張ってたため集中できず残念。

でもみんなで何かをしたってことではフィッシングはよい選択だったと思います。シュノーケリングとかしたかったけど、デュンデュンをどっちかが見てなきゃいけないからね。
ボートを借りて(すっごいちっちゃいやつ)沖まで行こうかって思ったけど、ライフジャケットがデュンデュンには大きすぎてアウト

やっぱりフィッシングでよかったのです


この後のことははまた後日アップします。今日はここまで。




Copyright © Hello☆Little Monster. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。