Hello☆Little Monster
オーストラリア生活 国際結婚 海外育児 日々の生活をつづります。息子くんの成長記録も兼ねて♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Anniversary でした
昨日、10月15日は私たちの2回目の結婚記念日でした。
まだまだ2年、青いですが今後もがんばりますよ~。

一応記念日ということで、家族でサンシャインコーストへドライブに出かけました
たまには遠出もいいかなって思ったのと、サンシャインコーストを選んだのにはもう一つの理由があります。

サンシャインコーストにはお友達のカナちゃん家族が住んでいるからです!
カナちゃんはなんと私と同じ●村出身学年こそ違いますが、あの小さな町からの人間が同じく国際結婚をしてママになり、同じオーストラリアで暮らしています。同郷の友、とっても久しぶりに会えて嬉しかったです。

カナちゃん家族とデュンデュン一家はサンシャインコーストにある、観光地の一つThe Big Pineappleで会うことになりました。その名の通り、大きなパイナップルが目印。
CIMG1821.jpgこのパイナップルの中にも入れるんです。
写真を拡大すると上の方にちょこんと人間がいるのが分かりますよ。
中に何があるかというと、パイナップル畑、家畜ファーム、コアラやカンガルーのいる広場、お土産屋さんにカフェ。とこんな感じ。
カナちゃん家族とお話を楽しんだ後、みんなで家畜ファームへ行きました。デュンデュン実は初の家畜くん達。ヤギやロバ、アルパカ(ラマに似てた)鳥たちを間近で見たりエサやってみたりして、楽しみました。全然怖がってなかったよ。ニコニコして見てた。
アルパカは飢えていたのか、私はエサを袋ごとかっぱらわれました。ちょっとアグレッシブで怖かったよ。

その後園内を走る汽車に乗りました。
途中下車でワイルドライフエリアへ。
CIMG1816.jpg                  そこにいたコアラ→
この寝相がとっても魅力的で思わず写真撮っちゃった。
かなりのやる気なしモード。って寝てるからその通りなんですが・・・。そしてあんなに巨大なウォンバットは始めてみました。写真はないけど、丸まると太ってた。食ってばかりいるんだろうな~。実際私たちが見た時もお食事中でした

このビッグパイナップル、子供連れて行くなら結構楽しめるかもしれません。大人だけだとちょっと物足りないけど。
カナちゃん家族とも楽しいひとときを過ごせてほんとよかったです。
ゴールドコーストとサンシャインコースト、近くないから次はいつまた会えるか分からないけど、今回は楽しかったぁ。もしかしたら次は日本で会うかもね~。

CIMG1819.jpgCIMG1814.jpg
カナちゃんの息子くんだいちゃんです。デュンデュンより1つお兄ちゃん。
かっこいいピースだけど、3本になってるよ~。
そしてデュンデュン、汽車ぽっぽの中にいます。

カナちゃん家族とさよならした後は、我が家はヌーサへ向かいました。
せっかくここまで来たなら1泊していっちゃおう!ってことになり、ヌーサにて1泊することにしたのです。緊急の外泊、運良くデュンデュンは着替えを持っていたので助かりました。

ヌーサのホテルについて、腹ぺこだったので早速デュンパパがBBQの用意。施設はホテル内のね。
記念日だからレストランでも行くのかな~って私は一人で想像してたのに、我が家はやっぱりBBQでしたま、デュンデュンもいるし、うちはこの方が落ち着くし、これでよかったのよね
クッキングはデュンパパ担当だから私はリラックスだし~。
CIMG1823.jpg
BBQのお手伝いをしたいデュンデュン、
でも危ないので叱られております。
何度叱られてもめげずに手出してました。


お腹も満たされて、お風呂も入って、リラックス~って思ったけど、せっかくだからみんなでヌーサの街へちょっとお出かけ。デュンデュンにとって夜の外出はすんごく久しぶり。楽しかったみたいで、立ち寄ったカフェではあっちこっち探検に精を出してました。

ホテルに帰った後、デュンデュンはすぐにぐっすりねんね、のはずだったのに・・・、環境の変化とベットの変化のせいか、夜中に寝れずに1時間くらい泣き通しました
夜に寝られなかったせいで、帰りの車の中ほとんど寝てきました。2時間は楽に寝てたな。

こんな感じで過ごした記念日。たまには家から離れるのも新鮮でいいもんですね。
デュンパパありがとね~。


さて、ここからはバトンです。
結婚記念日にちなんで、「おのろけバトン」です。
☆南ちゃんからず~っと前にもらってた。長い間放置してごめんね。
「おのろけバトン」のはずだけど、全然のろけられないので、期待しないでね、スルーしちゃって下さい。

つづきを表示
スポンサーサイト


その後・・・
国際結婚って、簡単じゃないね。
分かってたことだけど、お互いがどれだけ理解するかでその結婚生活がハッピーなものかって決まってくる。
国際結婚に限らずだけど、どちらかが異国に住むのは大変だ。

あのもめた事件の後、お互いに言いたいことを吐き出して、今までお互いにミスしてきた相手の苦労や心配を理解した。
これで少し前進できた気がする。

私もデュンパパの「家族を養わなきゃ!」っていう気持ちがとっても強いことに感謝して、デュンパパも私が異国で子育てしてることに感謝している。ってこれだけお互いに理解しただけで無意味なケンカではなかったと思いました。
それにお互いに頑張っているということ。

これから先はまだまだデコボコ道。
こんな問題ほんの序の口かも、でもこういうことを経験したから次に備えるというか、お互い学びちょっと成長できたのかも。

ということで、ちゃんと仲直り。
これからもデュンデュン一家は頑張ります。

コメントいただいた方、どうもありがとうございました。
皆さんの意見で色々勉強にもなりました。

これからもダルダル、ディリディリのデュンデュンをよろしくね。
(ダルダルディリディリって宇宙語しゃべります)


How often?
愚痴ですが・・・・・。

昨日、私がどれくらいの頻度で日本へ帰るかでもめました。

日本は私にとって母国、生まれ育ったところだし、家族も友達も居ます。国際結婚をしてオーストラリアに住むと決めてもたまには帰りたいな~と思うのは普通じゃないですか。

でもデュンパパは私が帰国するのをあまりよく思わない。
そんなに頻繁に帰るお金がないから、って言うけど、なにも毎年帰りたいって言っているわけじゃない。私としてはそんな家計に気を使って2年くらいに一度は帰れたら・・・って、そう伝えたのにデュンパパは3年に1度くらい、と言いました。

デュンデュンがまだ小さいうちは学校も始まってないので帰れる時に帰って、日本の家族にも会わせてあげたいと思っているのに、やっぱりそんなお金ないから向こうの家族が会いに来ればいいといいます。

自分も日本にしばらく住んで、異国で生活することの大変さというか、故郷に帰りたいと思う気持ちは十分理解してくれていると思ったのに、F●CKING FREAKY 2YEARS とまで言われ、悲しくなりました。
2年ってダメですか?頻繁すぎかな。
デュンデュンが大きくなったらそんなに帰れないことは承知。ただ学校行く前にと思っただけ。

そんなに帰りたいなら働いて自分で稼いで行けばいい、って・・・。
これってひどくないですか。
デュンデュンの面倒一日中見てるのに、今はまだ仕事できないのに。
要は「オレの稼いだ金を無駄遣いするな」ってことですか。

お金がないのは誰のせいだ~と叫びたい。
見張ってないと無駄遣いすくせに。

ケンカも英語だと完璧私の方が分が悪い。
煮え切らない・・・・。

愚痴でした、ごめんなさい。
明日からはまたデュンデュンネタの日記に戻ります♪




Copyright © Hello☆Little Monster. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。