Hello☆Little Monster
オーストラリア生活 国際結婚 海外育児 日々の生活をつづります。息子くんの成長記録も兼ねて♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わかりません、オーストラリア・・・・
日本人から見て、数々の不思議をもつオーストラリア。

スーパーでお金払う前に、商品食べちゃったり、バスが時間通りに来なかったり、お客より店員の方が態度でかかったり、約束の時間守らなかったり、ここに住む限り、いちいち文句を言っていたらとても疲れるので、慣れるしかないんだけど、でもこないだ、なんだそりゃ~!ってことを聞いたので、そのお話、きいて下さい。




けっこう動物愛護とか、厳しいオーストラリア(って私は思いますが)。

日本に比べたらベジタリアンの人も沢山います。


今回私がオーストラリアってよくわからん・・・・って思ったのが、シーフードの調理法に関して。

聞く話によると、生きたままの魚や、甲殻類をいきなり包丁でバンッ!ってやるのは禁じられているそうです。
そんなことするとお縄になってしまうとか。

例えば、ロブスターの調理法。
ロブスター(伊勢エビ)の刺身だったら、生きてるのをそれこそ包丁でバンッ!ってやるわけだけど、オーストラリアではそれが出来ないから、どうやるかというと、

ロブスターをたくさんの氷が入った入れ物に入れ、半冷凍、というか、そうやって眠らせるのだとか。そうしてロブスターが眠ったところ、包丁で一気に切り刻む。

この方法が推奨されているらしい。

まだ生きているのに包丁でちょん切るなんて、かわいそう・・・・ってなことで、このような決まりが出来たらしいんだけど、どうやら、生きているのに包丁で切る、と言うことは残酷だからダメだけど、ぐつぐつ煮えている熱湯の中に生きたロブスターを入れてゆでるのはOKらしい。

どうですか?これ。

どっちも同じようなことだと思いません?

いきなり熱湯に入れられたロブスターだってかなりビビルと思うよ。

そりゃぁ、包丁でちょん切られたロブスター、切られてもぴくぴく動いてることもあるけど、残酷さに変わりはないと思わないですか。

ここではロブスターの刺身が食べられるレストランなんて、そうそうないだろうけど、もしあったとして、店がオーダー受けてから、ロブスターを眠らせ(眠りにつくまで何分かかるの?これ重要)、刺身になるまで、辛抱強く座って待ってる客がいるか?

まぁ、でもオージー刺身なんて食べないから私が心配するようなことじゃないけど・・・。


と、今日の日記はオーストラリアの不思議についてでした。
デュンデュンの写真なくてごめんね。


おまけ
チャイニーズレストランではいけすがよくあってお魚泳いでるけど、私が思うに、魚をまず眠らせて・・・・・なんてやってないだろうな~と思います。どうですか?
ケアンズにあったチャイニーズレストランではその場でお客が好きな魚とかロブスター、選べるようになってたよ。
スポンサーサイト


やっぱりね・・・
ちょっと前にシャワーのお湯の蛇口が壊れました。
止めようとしてもどこまでも回ってしまい、しっかり閉まらない。

閉まらないから、ポタポタといつまでも垂れるわけで、これが結構annoyingだったんですよね。

私、蛇口からチョロチョロ水が出てるのが許せないタイプで、いつもしっかり閉めないデュンパパをいっつも叱ってます。なのにちっとも改善の兆しなし泣ける、ムカツクぅ・・・。
パブリックトイレとかでもチョロチョロ出てたらすかさず止めます。

まあ、それはさておき、壊れたシャワーの蛇口、直してもらう手配をし、水道屋さんがやってきました。

やって来たんだけど、忘れてはいけない、ここはオーストラリア=いい加減大国、その前に壊れた連絡をしてからすぐには来てくれないのね何日間か待ちました。でもこれは忙しいのだろうから仕方がない。

この水道屋さん、実はくる前日に電話をくれ、「1時半から2時の間に行きます」って伝えてくれた。
おお~!オージーなのに何時から何時までに行きます、っていう時間が短い!!
いいんじゃない珍しいんじゃない


だって、普通だったら、10時から2時までの間に行きます・・・とかって、そんな4時間も・・・・って事が当たり前だから。これがオーストラリア・・・。

そしてこの水道屋さん、ほんとにやって来ました2時ちょっと前に!!
すっごい、約束守った!こういう業者さんもいるもんね~。
なかなか、捨てたもんじゃないな、オーストラリア!

この水道屋さん、とってもフレンドリーで、お仕事もちゃっちゃとやって、私的にはオーストラリアの株アップ機嫌も上場

シャワーを直してくれた水道屋さんが帰って、もうポタポタと水が落ちることのないシャワーに喜んでいた私。しかもちらっと見た時、新しい蛇口に変えてくれていたのでなおさらハッピー

そしてその日のシャワー、喜んで入ったら・・・・、
「ん?なんか変・・・・」


HOTとCOLDの蛇口、反対に付けてったーー!!」


そうです、通常お湯が出る方にCOLDと書かれた蛇口が・・・、水の出る方にはHOTと書かれた蛇口がついてました


あ~あやっぱりオージーだった、やっぱりここはオーストラリアだった。ちょっと見直したオーストラリア、やっぱりこんなオチでした


オージー流育児
育児に関するオーストラリアと日本との違い・・・、けっこうあるね・・・。

私が気づいたことでは、おしゃぶりをくわえてるベビーちゃんが結構いること。
そしてたまに、もう卒業してる年齢だろ?っていうキッズがくわえていてびっくりすることも。

そこで、今日はおしゃぶりにまつわるお話を・・・。


其の一
ドクターの待合室での光景。
新生児を連れてたオージーのお母さん、その新生児ベビ子ちゃんに一生懸命おしゃぶりをくわえさそうとしてました。生まれたてのベビーは小さくてかわいかったぁ~
でもそのベビ子ちゃん、イヤイヤ・・・ってなかなかくわえてくれません。
それでもそのお母さんはめげずに、一生懸命ベビ子ちゃんの口に入れようとしてました。
私の推測ですが、そのベビ子ちゃんが嫌がるわけ・・・・

だってそのおしゃぶり、

すんごくデカかった・・・w( ̄△ ̄;)wうおっ!

あの小さな新生児ベビ子ちゃんの小さなお口に対して、それは1歳児用じゃぁ・・・ってくらい巨大でした。
そりゃぁ、嫌がるはずだよ・・・。



其の二
これまたドクターでの出来事。
待合室で待っていると、またまた新生児を連れた家族が診察を終えて出てきました。お父さんの腕の中には産まれたばかりっぽいちっちゃなベビ子ちゃんが抱かれていました。
その後をお母さんが荷物を抱えて出てきたのですが、そのお母さんを見て私の目が点になってしまいました。

だってそのお母さん・・・、


ベビ子ちゃんのおしゃぶりくわえてたーー!
エェ━━(゚A゚;)━━ !!!!


それ、その後どうすんの?どうすんの?ってちょっとドキドキしながらこっそりみてたら、案の定・・・・、


ベビ子ちゃんがくわえてたー(|||゚Д゚)


これってあり?
だって口の中って雑菌いっぱいでしょ。
しかもベビ子ちゃんは新生児・・・。
いくら荷物を持って両手がふさがってたからって、くわえちゃぁいかんでしょ。そしてそれをまたくわえさせちゃぁいかんでしょ。


すごいもの見ちゃった。
あ~、これがお国柄というやつでしょうか・・・。
私たちが神経質すぎるのか・・・。


POST OFFICE の陰謀
ここ、オーストラリアでは、日本の常識がたまに通用しない気がします。

というか、生粋ジャパニーズの私には理解しがたいオーストラリアの常識?が生活の至る所に存在している気がします。

それは、とある郵便局での出来事

まだ結婚する前だった私とデュンパパは、デュンパパの両親にお便りをしようということになって、ハガキを購入すべく郵便局へ行きました。

もちろん私はその選んだハガキ代を支払おうとしたのですが、そこでデュンパパの一言、

「書いてから払えばいい」
(ハガキの代金を払う前に、ハガキにお便りを書いてレジに持って行けばいいという意味 どうせ出すのだから)

当然私は エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?

だって、普通はちゃんと物のお代を払ってから使用する。
この時はデュンパパに従い、お金払う前に書いてしまいました。でもなんだか悪いことをしてるみたいな気分で、妙に視線が気になったりして・・・(( ̄_|ジーッ|

でもこれは、全てのオージーがこうなのかは分かりません。
少なくともデュンパパはこれが当たり前のように行動してました。


しかし、この謎を裏付けるような事件が起こりました!

それは先日、私が日本にいるお友達に、ちょっとしたプレゼントを送ろうと、前もって購入した封筒を持って郵便局へ行ったときのことです。

順番待ちの列に並んで、私の番が来て、レジのお姉さんにプレゼントの入った封筒を渡して・・・、
デュンデュンがおきまりの営業スマイルするものだから、お姉さんもニコニコしながら包みの重さ計って・・・、で、言いました。

「日本まででこの重さだと$○○.○○ね。」

言われた金額が運良くきっちりお財布にあったのでラッキーと思って用意して待ってたら、お姉さんはまだレジをピコピコやっていて、そしてまた言いました。

「$■■.■■よ」

∑( ̄[] ̄;)!ナニ!! さっきより増えてんじゃん!

って、心で思ったものの、きっとTAXなんだ・・・と勝手に解釈して言われるがまま、その値上がりしたお代を素直に払ってしまった私。

でも、何となく腑に落ちなかったので、郵便局を出た後にもらったレシートをよく見てみた。
すると・・・

ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓封筒代がチャージされてる!

なんでだー!あの封筒は前もって買ってあったやつ!
姉さん、ニコニコしながら私に断りもなく勝手にチャージするなー!
ていうか、客の私の方から”既に払ってあります”と申し出ないといかんのですかっ!
なんかおかしくない?(#`皿´) ムキーーーー!



やっぱりオージー様たち、お支払いする前に書いちゃったり使ったりするんですね・・・、そりゃぁ手間と時間は省けますが・・・、なにか間違ってません?p(´⌒`。q)グスン
でも、それを誰もがすることと決めつけて勝手に金取る郵便局員、もっと間違ってるー!

でも、確かにスーパーとかで、レジにたどり着く前に商品開けて食べたり飲んだりしてしまって、それからお金払ってる人見かけます。
恐るべし・・・

オーストラリア、不思議な国です ヤレヤレ┐(-。ー;)┌マイッタネ





Copyright © Hello☆Little Monster. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。